*** 天幕 ***

ゆあーん ゆよーん ゆやゆよん

<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

2007.06.15 Friday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| - | - | -
2007.01.18 Thursday

だんぱつ

時計をみると、また夜の二時。
断髪の衝動は夜の二時なのだな。
切るために髪をのばしてるんだな。
またのばす。
そんでまた何年か後の夜二時に切るのだろう。
切り落とした髪の束は何故あんなにナマナマしいのだろ。
たった今息をひきとったものが横たわっている空気。
さっきまで身の一部だったことが信じられないほどの
自分とは異なる湿度と温度で横たわって影をおとす光をすいこむ。

2007.01.02 Tuesday

あけましたね〜













今年もどうぞよろしくおねがいいたします。

初夢みたよ。
なおしてもなおしても眼鏡がずりさがってくる夢。

2006.12.25 Monday

大島弓子調に











「メリークリスマス アンド アイラブユー」




2006.12.13 Wednesday

雨降り雨降り

5年間お世話になった黒い傘を
町の何処かに忘れてきた。
ヤカンの蓋を取り落として
ガラスのコップがパキンと割れた。
蛍光灯の下で細かな破片が白く光る。
町の何処かで光る。


あー。


雨降り。今はもうやんでる。
雨の日がすきです。
と 私が云うと
私も昔はそうだった
なのにね 老いてゆくごと
雨がきらいになってゆく
と ある人は云いました。


雨。










おおそうじをはじめる。
いろんなものを切り離す。
積もった時間を切り離す。
じぃっと手にとると
ささいなメモさえ手放せないから
目の玉だけで判別を。
夜中に髪を切り落とすみたい。
ほんとうに必要なものなんて片手で足りるのに
いつも気づけば埋もれているのは何故か。










毎夏、露草の咲いた空き地に
もうじきあたらしい家ができあがる。

2006.12.12 Tuesday

か〜じを〜とれっ

2006年も残すところ三週間をきり。
朝晩とにかく平沢さんの歌声で
気合いをいれる日々。壮〜大 壮〜大。

さあ。今年最後の踏んばりを。
そして今年一年の多大なる反省を。
みっともない年だったけどサ、
屈んだぶんだけ、ジャンプも できるサ。。。





羽ばたけよ 上海の
いみじくもカオスの蝶のように!
羽ばたけよ いやしくも
太古の爆破の子孫として!
ちゃーちゃららっちゃっちゃっちゃーちゃっちゃっちゃっちゃららっちゃー

オーロラ
オーロラ
平沢進

▲top