*** 天幕 ***

ゆあーん ゆよーん ゆやゆよん

<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

2007.06.15 Friday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| - | - | -
2007.03.03 Saturday

鳥は神のもとへとんでゆく。


その神は、名をアプラクサスという。

と、ジンクレエルの画とデミアンの手紙に
思いを馳せてみたりする深夜ですが。








ここ二年ほどのことメモ。


お約束だけど毎年初詣でおみくじをひく。
今年ひいたおみくじは、
去年とまるっきり同じ歌だった。
その歌の語る意味は、簡潔に云うと、
「古きを捨て、進むべき処へ進め」。
おみくじをひく時、一年の自身のとる所作に対して
何かしらちいさなヒントを与えてもらうことを
たしかに期待してはいるけど
それを過信することはない。
でも去年は何かが少しちがってた。
その歌は妙にひっかかって
気持ちの底に常に靄のように留まりつづけた。
結局は一年間を通しても
うまく飲み込めはしなかった。
今年おなじものをひいたことがわかった瞬間、
ああ、と心底思ったものだった。
鍵と鍵穴が、時間と共に
少しずつ少しずつ合致してゆく感覚。

小6の夏のある日、
時間がそれこそ音をたてて加速するのを感じた。
あまりにも突然で あまりにも鮮明で、
私もうすぐ死ぬのかもしれないと本気で思ったものだったけど
秋になっても冬になっても私は生きていたし、
加速した時間の流れにもいつの間にか順応していた。
それから5年後、今度は時間の流れが止まった。
加速は自分の外で起こったように感じるものだったけど、
停止は明かに自分の内で起こったと感知した。
さらに5年後となる去年、停止したものが
じりじりと動き出したのを知った。
最初それを認識した時はどうしようもなく怖くなって
もう一度止めなければと焦ったものだったけれど
止められるわきゃぁないのだ。
意志を持って動き出しちゃったのだから
もはや止まる時は私の生命活動も道連れなのだな。
今はもう不安じゃないけど、
生まれた時からひとつひとつ
わざわざ丁寧に時限錠が仕掛けられていたみたいで、
なんだか可笑しい。

2007.02.23 Friday

カレー地獄

一昨日、カレースープをつくろうとしたら
ちょっと薄いカレーが大量にできてしまった。
最近はあたたかいし、早くたいらげてしまわなければ…と焦り
朝昼晩!朝昼晩!と米も何もなしのカレーオンリーで
普段の倍の量を盛って食べ続けていたら
夜中せきこんだはずみで吐きそうになったり
カレーという文字を頭に思い浮かべただけでウッとなったり
しまいにはバスの中でカレーのことを思い出してマジ酔い蒼白途中下車。
カレーに対するこの状態はどこかで…なんだっけ…
と思ったら、でろでろ8巻のカレー地獄の耳雄くんだナ。
そして冷凍しておけば良いことに今さら気づいた。馬鹿すぎる。
残りは来週あっためて食べるよ。
食材に失礼な食べ方をしてしまった二日間。反省。ごめんね。




春休みだしビデオを観ましょうと久々にビデオショップへ。
最初は3本だけ借りるつもりだったのだけど
更新特典や誕生月特典で7本レンタル。
セイントクララとサイレンスとツバルと銀河鉄道の夜と
霧の中の風景とピストルオペラとミツバチのささやき。
うはうはざんす。

あと、民族楽器屋さんでうっとり楽器を眺めて
金色のクラゲのような形のちいさな鐘を買った。
インドのもので、象の鐘と書いてあった。
象の身につける鐘なのかなー。象の象徴の鐘なのかなー。
お店の人に訊けば良かった。うっかりしてた。
やさしい落ちついた澄んだ音で響く。
いつか雨の日にこの音を
ここではない遠い何処かで聞いたような気がする。

2007.02.15 Thursday

夢メモ

不要な人間は抹消されることになり、私もその中に入ってた。
不要な人間でも血液は役に立つので
まずはギリギリ死に至らない量の血を抜き取られる。
その後、生きている身体を内側から溶かす菌を、抜いた血液の同量注入された。
あとはすっかり溶けてなくなるまで放置される。
夜の公園なのだか深い地下室なのだかよくわからない暗い場所に横たえられ、
今、月のものだから私、失血死のほうが早かったりしてとぼんやり思った。
もう本当に取り返しがつかないんだなとぼんやり思った。
ここの暗さは、まるでこれから夜桜を見にゆくような気持ちになってしまうなと
ぼんやり思った。



気が抜けたせいか体調急降下。
とりあえず夢メモだけ。おやすみなさい。

2007.02.11 Sunday

なさけなー

典型的な内弁慶。外に出るとガチンガチンの甲殻類になる。
この歳になってもまだ、
黙っていては誰にも何も伝わらないと
叱咤されていた子どもの頃のまま。
同じことを何度も繰り返して
学習能力がないのだ。
なーさーけーなーいーなー。
しかし、人に自分の考えを伝えられないことを
悔しいと思うようになったのは進歩だと思ってる。
いいかげん自分に甘すぎるのだろうけど。
何をするにも人の三倍時間がかかると云われる。
実際、焦ると本当にまるでろくなことになったためしがない。
何事も長いスパンで見つめてクリアしてゆくことを目標として
納得のゆく行動をできるよう、簡単に揺れてしまわないよう、
忍耐強くならねば。
そして幸いなことにその機会を与えてもらえる環境にある。
次はきっと今よりちゃんと伝えてみせるぞな。
人にも自分にも誠実でありたい。

2007.02.07 Wednesday

凍て蛾

今日の黄昏時は夏の夜の匂いがした。
あとどこかのおうちの晩ご飯だろうメバルの煮付けの匂い。
ここ一か月くらいおとなりさんの玄関の隣に
三角の形にぺたり張り付いて動かなかった灰色の蛾が
いよいよいなくなってしまった。別れは突然に。
今日はあたたかかったから、また旅に出たのだろおか。
何処にいったのかなー。

2007.02.01 Thursday

ててててんらんかい

ゼミのグループ展が十三日からあるのだけど。
搬入は十二日だろうと勝手に思い込んでいたら九日だった。
あがががががこの三日の差はデカイ。。。
そして明後日から五日間入試で工房使えないことも今日知った。
どっきんどっきんしてきたァ〜自業自得ゥ〜
深呼吸深呼吸すはーすはー
うをーやるぜー

DMもらってくださる方いらっしゃったら
携帯にメールください。
よろしくです〜。

2007.01.29 Monday

夢おぼえがき

夢メモ

古い古いビルの二階中央の窓を
内側からシダ植物っぽい何か緑色のもので埋め尽くして
それを外から眺めなければという義務感にかられ
ビルの経営者に交渉する。
場面変わって。
コンビニに寄ろうとしたら知人をみかけ
声をかけようと後を追ったらなんだかなつかしい田舎道に出て
ひたすら歩いていたらなんだかなつかしい古い家に辿り着いて
中から知っているような知らないような女の人と女の子が顔を出して
アラアラおあがりなさいな〜と云われるがままお邪魔したら
中には母方の家の仏壇があり、お線香たてておりんをならした。
その音を聞きながら
あーだから器には魂というものが入りに来るってわけか
と妙に納得していた。
そして女の人が麦茶をいれてくれる。






これから必修科目の試験です。いってきまーすー…

2007.01.26 Friday

キク。

あいかわらず平沢さんのCDにお世話になりっぱなしの日々。
今夜は救済の技法。
こころがよわっている時って平沢さんの歌が一番きく。
しょうこりもなく背や腹や頭の後ろや鎖骨の下で蟠る暗がりを恐れず
進むべきところへ 光も影もまるごと捉えて
ただひたすら走ってゆけるような気がしてくる。



救済の技法
救済の技法
平沢進

2007.01.18 Thursday

だんぱつ

時計をみると、また夜の二時。
断髪の衝動は夜の二時なのだな。
切るために髪をのばしてるんだな。
またのばす。
そんでまた何年か後の夜二時に切るのだろう。
切り落とした髪の束は何故あんなにナマナマしいのだろ。
たった今息をひきとったものが横たわっている空気。
さっきまで身の一部だったことが信じられないほどの
自分とは異なる湿度と温度で横たわって影をおとす光をすいこむ。

2007.01.02 Tuesday

あけましたね〜













今年もどうぞよろしくおねがいいたします。

初夢みたよ。
なおしてもなおしても眼鏡がずりさがってくる夢。

▲top