*** 天幕 ***

ゆあーん ゆよーん ゆやゆよん

<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2007.06.15 Friday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| - | - | -
2007.03.16 Friday

少年よ。

春から東京へ行く友達と、京都での遊びおさめ。
何したいか聞くとバッテリーが観たいそうで、映画館へ。
青春だった。さわやか〜。スハースハー
澄み渡る青空。日を浴び輝く汗。少年達の眼差し。
メントォルのかほり〜。スハースハー
ちなみに原作は読んでいない。
巧くんを演じる役者さん、身体キレイだなぁ。
少年期から青年期にかけての
あの腰の薄さって、うらやましくてたまらない。
子宮を抱えている身体には無い薄さ。
何みてたんだお前ってツッコミはなしで。

晩ご飯はもんじゃ焼き。
制作をすることについて考えるところがあり、
もんじゃつつきながらつい弱音をこぼしたら
友達がここぞとばかりに、

「野球は、お前たちのためにあるんだぜ…(キラーン)」

トムラ先生…!(野球じゃないけどね…!)



2007.03.13 Tuesday

日記。

一昨日は友達と久々にデート。
映画館でさくらんを観て晩ご飯を食べて
そのままお部屋にお邪魔してDVD鑑賞オールナイト。
ハチミツとクローバー(実写のほう)
羊のうた(これも実写のほう)
ナイスの森
の、三本立て。
さくらんを入れて四本の映像を観たわけだけど
ナイスの森に全部もってかれた。
艶もキュンも切情も片ッ端から全部もってかれた。
とってもタガはずしでした。
日もすっかりのぼり、へんなテンションのままワンダと巨像をやらせてもらう。
お馬さんで走りながらワーイワーイアトレイユ〜とかやってる間はのんきだった。
指導してもらいながら剣の光をたどってゆき、
獅子みたいなのと戦いはじめた途端…
き ょ わ い ! ! ! !
まじめに胃が痛ぇ。収縮収縮。
力みすぎてコントローラー破壊しそうだった。
かんろ、ゲームはスーパーファミコンで止まってる。
お昼頃、バレンタインのお返しを買うため
近所のショッピングセンターに連れていってもらう。
道中の公園の白木蓮が満開なのを友達が発見。
それこそ思わず息をのむほどの清澄さ。うつくしかった。
白木蓮はやわらかい卵だなあ。何が孵化したのかしらん。
そう云えば木蓮がどんなかおりなのか知らない。
顔を寄せてみたいけど、木は華奢でもしっかりと背が高くて
枝はおおらかに空いっぱいに深呼吸するみたいにのびてて
私では背伸びをしたってジャンプしたって届きゃせず
はしごか何かがなけりゃ花には近付けないのだった。
なんだかいろんな人に似ている木。
そんな風景で締めくくりの休日。
とってもバラエティに富んだ一日だったな〜と。

2006.12.31 Sunday

ふゆのひ

年末年始は祖母の家。
なので現在は愛媛にいます。
持って帰ったパソコンをためしにつけてみたら
ネットに繋がった不思議。何故か何故か。

昨夜は深夜の映画番組で21グラムやっていたけど
眠くて眠くて最初の辺りしかみられなかった。残念。
今日は九時から有頂天ホテルでしたね。
あのはちゃめちゃがとてもすきさ。ぴかりぴかり。
映画館に観に行ったの今年の頭だったのかぁと思うと同時に
目玉の表皮を駆け巡る一年間は走馬灯の如し むむむ〜
来年は内も外もまるごと抱えて走るよ。
だってどきどきしたいぢゃないの。あー。

こちらへ来る道中の高速道路。
トンネルをぬけた瞬間、ワっと降りだした雪は
ぱちりと目が覚めたかのようで 息をのんだ。
ランダム再生のMDからは だいすきな
ムームのGreen Grass Of Tunnel
ことんと当てはまって一緒に流れてくものたちに
乾燥しがちな目玉も透明に沁みたもので
瞬きすらおしい心地がしたものでした っと。
冬だー。じんわり。

2006.12.27 Wednesday

レッツゴー2匹

昨日から帰省してます。
今日は昼間、母と二人でウキウキと
鉄コン筋クリートみに映画館へ。
たのしんできた。
ページをめくる度
手元から内側へ広がっていった
宝町の白黒の風景が
映像というカタチで
色彩と音を持って流れ込んでくる
この不思議とドキドキと。
余韻はまだまだ響く響く。
久々に読みたくてたまらないけど
京都に持ってってしまっていて手元になし。
一緒に持って帰るんだったとちょっとしょんぼり。
お昼ご飯を食べて、じゅんこと合流。
久々じゅんこ。いい笑顔。ほんわか。
スタバで三人でヒトヤスミして
母とわかれて二人でカラオケ。
シロとクロが頭の中ふわふわして
昭乃さんのガレキの楽園ききたくて うたった。
映画主題歌アジカンでも
鉄コン筋クリートというと頭を流れるのは
どうしてもガレキの楽園。

と。遊び倒した感じの一日。



年明けにローズ・イン・タイドランド上映するようだ。
京都では見逃してしまったので、間に合えば観てから戻りたいな。

2006.12.17 Sunday

私たちのことをすぐに忘れるわ

昨夜は仕事帰りのセッサちゃんとエコールを観てきた。
むーむむむむむ禁断のかほりが。くらくら。
鎖された少女たちの純潔空間を舞台とした映画とくると
ピクニック at ハンギングロックが最初に浮かぶけど、
エコールのほうが第二次性徴以前の少女たちってこともあってか
触れてはいけないものをカーテンの隙間から盗み見ている感が
かーなりかなり濃い。

単純に個人的な好みでだけど、
より不透明なまま一歩か二歩手前くらいで幕が降りても
良かったのでわ とか思ったりも。
でも、最後のビアンカの表情こそが
この映画の最後のピースになるのだよな。
その受け取り方は観た人の数だけあり
どうにも切なく感じた私は きっと未だ森の中だなぁ。

残されたままの謎や象徴的なモチーフから
観終わってからも想像妄想存分に膨らますことができる。
元となった小説「ミネハハ」も読んでみる。


Ecole エコール

▲top